代表挨拶

代表取締役社長
西田 陽彦
2015年10月「本物の基幹システムをつくる」のコーポレートスローガンのもと、アストロラボと共同でアストロ数理ホールディングスグループを発足。新たなスタートを切りました。
1979年科学技術計算の会社としてスタートした当社は1980年代前半にUNIXを中心とした基盤技術1980年代後半に業務システムへと展開を広げてきました。そして、2000年代に入りオンメモリデータベース「CoreSaver」を利用した流通基幹パッケージ「店舗21」を投入。基幹システムでの経験を蓄積してきました。
CoreSaver、店舗21はじめ弊社のプロダクトの特徴は、シンプルであり、基本に忠実であること。「本物の基幹システム」もそうあるべきと考えます。
皆様にご期待に応えるシステムを提供するため、科学技術計算、基本ソフト、業務システムの各分野のチームが連携しながら、Be Artists of Computer Programmingの精神を忘れずに、日々の業務に勤しんでまいります。