基本ソフト開発

OS カーネル技術

インターネットの急激な普及により、ネットワークノードにおかれたファイルサーバでは飛躍的な負荷増大に対応して、NAS(Network Attached Storage)やSAN(Storage Area Network)が急速に普及しています。このネットワーク技術および基礎となるファイルシステムをSolaris,Windows,LinuxなどのOS種を問わずに開発実装する実績を上げています。これは当社の長年培ったOSカーネル技術によるものです。技術者の層の厚さと経験の豊かさは出色です。

開発者コメント

各種OS

カーネル移植

tron

Linux

ジョブ
マイグレーション

ファイルシステム

Solaris 上のステートフル分散ファイルシステムを開発しました。windows 上の分散複製ファイルシステムを開発しました。linux 上の分散世代管理ファイルシステムを開発しました。
まだ OpenSolaris も windows のソース公開もない頃で仮想メモリ、キャッシュ管理との関係が手探りで大変でした。linux や bsd のカーネルコードは暗記する程読みました。
洩れも矛盾もないプロトコルを作成検証するのは難しい作業です。spin でもチェックしましたが、モデル化できたのは一部だけでした。一番楽しいところだから人間がやります。データエクステントやディレクトリの管理方式に工夫がありました。スペースと時間の効率、作成と参照のスピード、トレードオフばかりで人間くさい議論が飛び交います。fsck も書きます。矛盾した状態から何を修復すべきかが問題です。fsck でマニュアル個別修復ができるようになってしまいました。

クラスタ向け
分散ファイル
システムの高速化

fsck

lockfs

グリッド・クラスターコンピューティング技術

多数のコンピュータを群として組むクラスターコンピューティングは、今後のスーパーコンピューティングの基本トレンドです。クラスタ監視、負荷分散、ジョブマイグレーションなどの構成技術を次々に集積し、次世代コンピューティングの基本ソフトウェア開発を担う力量の保持に務めています。
また、インターネットを経由する不特定多数の端末の参加を可能にする、広範でヘテロな環境におけるグリッドミドルウェアの研究開発など、グリッドコンピューティング技術への取り込みも行っています。

開発者コメント

グリッド資源
予約システム

クラスタ
情報サービス

checkpoint

ネットワーク技術

インターネットに代表されるIP通信は、近年のブロードバンド通信技術の急速な進歩もあって、一般社会に広く受け入れられ始めています。しかしながら、これが従来の電信網/データ通信網に代わる社会システムの基盤として定着するためには、通信品質(QoS)の保証、あるいは制御のための技術開発が避けられません。
また、携帯電話や無線LANなどの急速な普及に伴って、シームレスかつセキュアなモバイル通信プロトコルが求められています。
これらの課題に研究開発段階から取り組み、帯域制御、経路制御、ポリシー制御をはじめ、移動端末に追随して継続的にIP通信を確保するような制御技術、プログラム可能なハードウェア(Network processor)を使用した超高速な経路制御装置、マルチホップアドホックネットワークでセキュリティを確保する技術などで成果をあげ、基盤技術キーテクノロジーの一画を構成しています。

開発者コメント

ネットワーク資源予約/ポリシー制御/QoS制御

RSVP/Intserv
+COPS

Diffserv TC

QoS経路制御
(OSPF +
OpaqueLSA)

SOCKS
解析ツール

移動体通信(MobileIP/携帯電話)

RSVP/
Mobile QoS

異種無線NW間
の無瞬断切換

無線伝搬
シミュレータ

IP電話事業者
立上げ支援

実験的ネットワークプロトコル実装

LMP解析ツール

ネットワーク
プロセッサ

アドホック
ネットワーク

シリアル通信
ドライバ

輻輳
シミュレータ