システム開発における三原則

数理技研では、開発するシステムの理想形を実現するための手法として、「システム開発三原則」を実践しています。

理想の情報システムコンセプト

Data Processing

リアルタイムシステムである

Data Storage

生データを管理するシステムである

System Brush Up

シンプルなシステム構成である

リアルタイム原則

情報の加工・集計などは 要求時に処理し、按分などの 補正を極力最小限にする

発生点データ原則

情報は鮮度を保つためにも 発生時点で生の状態で保存する

正規化設計

情報はコンパクトに、またその強度や柔軟性を高める意味でも冗長性を排除する

この三原則を採用し、理想形のシステムを実現する手段のひとつとして、超高速検索アクセス性能とデータ更新&データ保護を同時に実現するオンメモリー・データベース “Core Saver®”を開発しました。 この性能・機能を前提に、今までバッチ処理で行っていた業務をオンライン処理業務に、またシステムやコストの制約から実現できなかった複雑な機能を実現することに繋がります。 Core Saver®は既に15年以上の歴史があり、データベース本体のみならず、システム開発のためのToolKit・サンプル群や、運用のための周辺コマンド群などを標準装備として備え、開発・運用リポジトリとして様々なシステム構築の基盤として提案し、採択いただいております。