情報通信システム

製造/数理技研はUNIXの将来性をいち早く予見し、1980年代前半からUNIXカー ネル(OS)を中心とした事業展開を行ってきました。
その評判を聞いたあるお客様から、「UNIXでシステムを構築したい」という ご相談を最初に受けたのが、今をさかのぼる事二十年程前になります。その当 時はまだビジネス分野へのUNIX適用の黎明期で、「オープンシステム」や「ダ ウンサイジング」といった言葉も世の中には出回っていませんでした。
そのお客様がナショナルブランドのメガキャリア様だったというご縁もあり、 数理技研のUNIX系システム開発業務の歴史は、情報通信分野から始まりました。
当初は、そのメガキャリア様向けのシステム開発(網評価、回線経路設計、 オーダエントリーなど)が中心でしたが、1990年代後半からは、数理技研が日 本初の商用ADSLサービス会社の立ち上げに携わったという流れもあり、ラスト ワンマイル事業者様/ISP事業者様向けシステムをパッケージ販売しています。 また、近年は長年培ってきた情報通信業界に対するノウハウを活かし、EDIシ ステムの構築をビジネスの中心に据えています。

余談になりますが、現在我が社の主力製品となったメモリDB(CoreSaver)は、 情報通信系システムの特徴である「複雑かつ大量のデータ」を高速に処理する ために生まれた、という歴史があります。情報通信システムグループは、そんな数理技研のUNIXビジネスの源流を汲 むものとして、市販パッケージやその組み合わせ(パッケージ・パッチワーク) では解けないテーマに日々挑んでいます。

メガキャリア様関連

伝送網故障の評価・対策システム

大規模故障時の措置計画(伝送路を切替えて故障を回避する計画)のシステム化に初めて成功したシステムです。
その後実績が高く評価され、伝送網の品質評価機能や回線借用管理機能なども取り込み、網管理業務の欠かせないシステムに成長しました。ちなみにメモリDBを開発・利用することで、初めて実現可能となりました。

専用線割付・評価システム

専用線を申し込んでもなかなか開通できなかったのを、都市部で1週間程度で開通可能にしたシステムです。併せて高品質を要求される回線については、装置や管路を含めた高度な分散を保証する機能も初めて実現しました。

通信業21関連

製造業様向けシステム開発

日本初の商用DSL事業者向けに独自開発したオーダエントリシステムです。現在では設備管理、問い合わせステータス管理、ヘルプデスク支援といった機能も追加され、回線事業者やISP事業者向け統合パッケージ「通信業21」に成長しました。

サービス業様向けシステム開発

IPベースの接点監視装置と「通信業21」を組み合わせたソリューションです。全国規模の設備監視システムが、信じられない程安く早く構築できました。

EDI関連

独自EDIゲートウェイシステム

お客様の事情により、CoreSaver®ではなく市販DBMSを使う仕事でしたが、DBMSで複雑なSELECT文を書くのを避け、テーブル内容をメモリに取り込み自前でJOINを解くという手法で高速化に成功しました。

汎用EDIゲートウェイシステム

全銀・JCA・HULFT・AS2...、CIIフォーマット・EDFACT...EDIは旧旧プロトコル、旧プロトコル、新プロトコルが同時に幅を利かせる魑魅魍魎な世界です。
これらに差別化することなく対応出来、荷姿変更(電文の分割・マージ)、フォーマット変換 、文字コード変換も併せてサポートとしようという非常に挑戦的なシステムです。 特殊なプロトコルや、文字コード変換も組み込めるように、カスタマイズ能力が特徴です。